2018年7月10日 第二例会

☆ 本 日 の お 客 様 ☆

 本日、お客様の来訪はありませんでした。

 またの機会をお待ち致しております。

☆ 幹 事 報 告 ☆

櫻井幹事
1.高校生の就労体験活動5Daysへの協力依頼が来て
 おります。資料を回覧させていただきます。
2.青少年交換留学制度のご案内が届いております。
3.日本国際社会事業団(ISSJ)のご案内が届いております。
4.部門セミナーですが7月15日(日)に青少年奉仕部門、
 16日(月)に奉仕プロジェクト合同セミナーです。担当の委員
 の方はよろしくお願い致します。
5.入会候補者の推薦をお願い致します。
6.ロータリーレートは1ドル110円です。

☆ 委 員 会 報 告 ☆

☆社会奉仕委員会              小澤委員長
 今朝の清掃活動の報告です。本日は田中会員も参加
されて、種家会員が一番最初に到着して始めていまし
た。今日は12名の参加をいただきました。早朝から
ご協力ありがとうございました。片付けは大山会員や
杉村会員に大変にお世話になりまして、ありがとうござい
ました。次回8月は中高生のボランティアを受け入れての
清掃活動となりますので、大勢の皆様のお力をお借り
できればと思います。よろしくお願い致します。

☆SAA                      種家会員
 今月はちょっと間に合わなかったんで自由席で座って
いただいておりますが、来月から指定席を決めさせて
いただきます。それからこの真ん中の来賓席ですが、
ここ半年くらいはお客様も頻繁に来客されておりません
ので、田中会員と観光協会会長の齋藤会員が固定
で座っていただく席にして、お客様がいないときは
自由に座っていただくテーブルにしたいと思っております。
演台の目の前ですから、この席を賑やかにしていた
だきたいなぁということで、田中会員にはRIのお話とか
していただいて、齋藤会員には八潮市の観光について
とかお話していただければと思っております。例会は
メリハリをつけるためにセレモニーはきちっとやっていただい
て、ニコニコは楽しくワイワイとやっていただくよう監督して
いきたいと思います。

☆外部組織出向委員           長谷川会員
 先週の第一例会の後に八潮市交通安全対策協議会
に出席して参りました。7月18日(水)16時から駅前公園
にて夏の交通安全指導街頭キャンペーンが行われます。
歯車会と同じ日なので参加できない方の方が多いと
思いますが、参加できる方はよろしくお願い致します。

☆ 誕 生 祝 い ☆
岡本事務局

☆ お 祝 い ☆
☆傘寿祝い                   田中会員

 自分が傘寿だと思ってなかったですね。今寿命が長く
なって100歳まで生きる時代になりましたね。まだ80じゃ
若者ですよね。しかし長生きしたからいいってわけじゃ
なくて、健康で長生きすることが大事ですね。寝込んで
長生きすることのないようにね。そのためには毎週ロータ
リーに出てくること、これがやっぱり大きな効果だと思い
ます。よろしくお願いします。

☆  ク ラ ブ 協 議 会  ☆

☆クラブ管理運営常任委員会        織田委員長
 入会して20年目にして初めてクラブ管理
運営委員長です。よろしくお願いします。
 第一例会では皆様にお手伝いしていた
だき、無事成功に終わることができました。
まずもって御礼申し上げます。ありがとう
ございました。クラブ管理の活動方針は、
会長の掲げるテーマに各委員会と連携してクラブの円滑な
運営及び目標に向けて活動して参ります。活動計画として
は毎月の理事会の前に委員会を開催します。上期は役員
理事会が第二例会日の夜ですので、第一か第二例会の
後に委員会を開きたいと思いますので、今日早速この
例会後に行います。急な話ですが、どうぞよろしくお願い
します。そこで各委員会の進捗状況の確認を行っていき
ます。他の委員会と協力して社会奉仕活動等を行って
いきたいと思います。一年間、よろしくお願い致します。

・出席委員会                 大山委員長
 前月に翌月の予定表を全会員にFAXする
ということでしたが、第一例会の時に出欠の
○×をつけて出していただくようお願い致し
ます。何分不慣れなもので、大澤前出席
委員長に出席率の出し方等を今教わって
おります。ちょっと今日はまだ出せないん
ですけど、来週から出せるようにしておきます。あと例会
以外の理事会とかの出席率も上がるよう頑張っていき
ます。それから欠席した場合は今まで通りメーキャップで
やっていただくようお願い致します。一年間よろしく
お願い致します。

・プログラム委員会              佐藤委員長
 活動方針と致しまして、「例会プログラムを通じてロータリー
が行う事業への理解や興味、また参加への意欲を増進
する。クラブ管理運営全体と協力し合って、幅広い例会
プログラムを実践する。」としております。今年度に関しま
しては織田常任委員長の意向でプログラムを委員会の
中で決めていきたいということですので、連携を取り
アイデアを出し合いながら企画していきたいと思います。
活動計画として、①会長・幹事・クラブ管理運営と連携
してプログラムを決定する。②卓話者バンクや出前講座を
活用する他、役所・警察・消防・教育などから地域の
ニーズを知るための外部卓話、ロータリー活動などに関する
卓話を企画する。また健康や福祉、税制などに関して
も外部から卓話者をお呼びできればと考えております。
③会員が全員参加できるようなプログラム、移動例会など
を企画する。今年度も会員研修は例会内で行います。
また当クラブの2大事業であるふれあいダンスコンサートと
モラル川柳コンテストに関しては、進捗状況の情報共有
や打ち合わせなどを例会内で行うことになっておりま
す。それから会員増強や出席、プログラムに関するクラブ
フォーラム、会員の皆様の職業卓話やロータリー話などの
卓話をいただければと考えております。また先日の
三春RCとの合同例会の際にDVDを受け取っており
ますので、どこかで上映したいと思います。移動例会
もタイミングを見て企画したいと思っております。最後に
今年度も引き続き各例会の当番や担当の方に例会
次第をメールやFAXでお送りさせていただき、なるべく
欠席のないようお知らせさせていただきます。ご協力
をよろしくお願い致します。

・会員研修戦略計画委員会         布施委員長
 戦略計画委員会は3年計画の委員会
となっておりますので、前年の齋藤委員
長が計画されたものを踏襲しながら、
新しいことも付け加えながら今年度進め
ていきたいと思っております。先程常任
委員長から月に1回委員会を開くという
ことでしたので、お互いの意見を出し合って、よりクラブの
風通しが良くなっていくのではないかと思います。活動
方針としまして、昨年度八潮RCのスローガンを作成しまし
たが、これは全会員が「クラブの明かりで街を照らそう」
という意識を持って地域社会に出て手本になるような
行動をしていこうということでございます。特に我々ロータ
リアンは品位・品格を持って、この地域の中でもさすがと
言っていただけるような会員になるよう努力していって
いただきたいと思います。またクラブにおいては新しい
クラブ運営と活性化に向け目標を設定して活動を行う
ということです。活動計画として、会員研修は例会内
にて行います。昨年度と同じようにRLI方式で会員の
皆さんに発言をしていただいて、皆さんがどういう考え
方を持っているのかを知ることが必要だと思います。
ロータリーはしゃべるよりも聞く方だと言われております
ので、皆さんのご意見を聞くことが大事です。それで
ロータリーとはどうなんだろうということをみんなが分かって
いく方法がいいのだと思います。また国際ロータリーも今
変化をしております。3年に1回の規定審議会でいろ
んなことが変わってきておりまして、新しいことが決まっ
ていきます。それがクラブにどう反映するのか、まずは
ルールがどうであるか、そのルールに基づいた行動をして
いくことになると思います。クラブ運営と理事会の原則
をはっきりご理解いただいて役員理事の皆様はクラブ
の重要なことを担ってこれから決定していくんだという
意識を持っていただきたい。今の現状で当クラブが
何が足りてて何が足りてないのかを理事会でよく協議
していただいて将来に向けてやっていただきたいなと
思います。前半はいろんなセミナーがあるのでなかなか
時間が取れませんが、後半は例会プログラムの中でみんな
で話し合う機会を作らせていただきたいと思います。クラブ
管理や奉仕についてもお話させていただいて、皆さんに
ご理解いただけるようにしたいと思います。皆さんから
ご意見をいただきながら楽しみながらやっていきたいと
思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ロータリーの目的

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

第1 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること

第2 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること

第3 ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること

第4 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること

四つのテスト

1.真実かどうか

2.みんなに公平か

3.好意と友情を深めるか

4.みんなのためになるかどうか

PAGE TOP