2018年8月7日 8月第1例会

☆ 本 日 の お 客 様 ☆

 本日、お客様の来訪はありませんでした。

 またの機会をお待ち致しております。

☆ 幹 事 報 告 ☆

櫻井幹事
1.地区大会ポリオ撲滅チャリティーゴルフ大会のご案内です。
 今週が締切となりますので、参加できる方はお名前を
 書いていただきますようお願い致します。
2.RLIパート1のご案内です。各クラブ1名以上ということ
 ですので、参加したい方はご連絡をお願いします。
 ない場合はお声掛けさせていただきます。
3.8月21日に八潮高校の進路模擬面接を行います。
 会員10名で就職希望者の模擬面接を行ってきます。
 担当の方は八潮高校の入口に9時までの集合で
 お願い致します。
4.ロータリーの友8月号の56ページに八潮RCで行ったモラル
 川柳コンテストの活動報告が載っております。
5.本日早朝清掃奉仕活動でボランティアの学生参加の元、
 無事に終えることができました。当クラブから9名、社協
 職員1名、中学生は2名、雨の中来ていただきました。
 ご協力いただきまして、ありがとうございました。
6.新会員の推薦用紙が皆様のメールボックスに入っており
 ます。会長も力を入れて会員増強を進めたいということ
 ですので、皆様ご協力をお願い致します。

☆ 委 員 会 報 告 ☆

☆クラブ管理運営常任委員会       織田委員長
 今年度はクラブ管理委員会で毎月第一例会後に
委員会を開きたいと思います。委員の方は出席を
お願い致します。来月は言いませんので、委員の方は
忘れずに第一例会後です。12月までは例会後に
行いますので、よろしくお願いします。

☆奉仕プロジェクト常任委員会     高橋(裕)委員長
 小澤社会奉仕委員長が欠席してますので私から報告
させていただきます。本日は雨の中社協を絡めた学生
との清掃活動が無事終了しました。ロータリアン9名、学生
は雨だったので欠席者が多くて2名、社協さん1名の
参加で活動をしました。ご協力ありがとうございました。
それから青少年奉仕からですが、今年度3回目になり
ますふれあいダンスコンサートですが、手を繋ぐ親の会さん
の方へ段々と移行していきまして、9月23日に行います。
ダンスコンサートのちらしとチケット、ポスターが出来上がりました
ので、今日例会場の後ろに用意してありますので皆さん
で協力して持っていっていただいて多くの方に声を掛け
ていただきたいと思います。コンサートの成功の基は参加
される方が多いことだと思います。ご協力をお願い致し
ます。

☆前年度会計報告             瀬田直前会長
 7月24日の例会後に前任の連保事務局員と会計の
布施会員、監査の広岡会員と直前会長幹事で監査を
行いました。監査の結果、適正かつ妥当ということです
ので、よろしくお願い致します。

☆  セ ミ ナ ー 報 告  ☆

☆公共イメージ向上部門          川澄委員長
 7月21日に公共イメージ部門のセミナーが
ございました。公共イメージというのは昔は
広報と言われておりましたが、公共ということ
を強調して打ち出してきました。ロータリーの
行う社会奉仕、国際奉仕、職業奉仕など
を地域に発信していこうというのが公共
イメージ向上委員会に変わった大きな理由じゃないかな
と思います。当クラブで言うと、モラル川柳コンテスト事業は
市内の小中高校の生徒さん総勢約4,700名もの応募
をいただきましたが、モラルということに対して子供たちに
考えさせたということだけでもずいぶんロータリーから市内
に発信できたと思ってます。大変素晴らしい事業をやって
いただいたと感謝しております。クラブの活動だけじゃなく、
それを外へ発信していくような活動に切り替えなければ
いけないんですね。クラブ活動をメディアにどんどん発信
していってロータリーの公共イメージを認知させていこうという
ことです。公共イメージ向上委員会が外向けの広報を作り
あげるということではなく、クラブでやった活動をピックアップ
して、その中から広報に適した活動を新聞なりテレビなり
に発信していくっていうのが一番いいんだろうと思いま
す。とはいえ埼玉新聞やテレビ埼玉でも毎回毎回発信
してくれるというわけにもいかないので、そうすると大々的
に広報する機会も少なくなってしまうのかなと思いますが、
東武よみうりさんでしたら地域のことを熱心に取り上げて
くれるので、何回でも載せてくれるかと思います。そんな
感じで広報しながら地域の人たちがロータリーって聞いた
時に奉仕団体だっていうことが認知されるように広報
していったらいいんじゃないかと思います。ポリオ撲滅
活動におけるロータリーの関わりを周知するということも、
ロータリーの公共イメージの認知度を上げるというお話も
セミナーの中でされていました。当委員会としては今年度
公共性の高い活動を取り上げて、広報していきたいと
思います。そして会議を開いて今年の計画などを聞か
せていただいて、どんな広報をしていけるかという方向
性を決めていきたいと思っております。また公共イメージ
向上をテーマにしたディスカッションも行いたいと思います。
後期はロータリーの公共イメージを高められる事業として、
実践に結び付けていくというような活動をしていきたい
と思います。ありがとうございました。

☆奉仕プロジェクト部門        高橋(裕)委員長
 奉仕プロジェクトの3部門、職業・社会・国際
の合同セミナーが7月16日に大宮ソニックシティー
の市民ホールにて開催されました。当クラブ
からは、岡本会長、櫻井幹事、飯泉国際
奉仕委員長、私、金杉ガバナー補佐、杉村
職業奉仕部門委員長が参加致しました。
点鐘から始まり開会の辞、ご来賓・地区役員の紹介は
杉村部門委員長がされておりました。中川ガバナーの
挨拶があり、地区研修リーダー、担当諮問委員の挨拶
が続き、その後特別講演という次第で第一部の全体
会議が終わりました。その後部門ごとに分科会が開か
れて、セミナーが終了となりました。
 中川ガバナーの挨拶では、RI会長のお言葉を述べら
れました。今年度のRIテーマ「Be The Inspiration」という
ことで国際協議会の場で「何か大きなことに挑戦しよう
というインスピレーションを、皆様ガバナーが所属しております
クラブやロータリアンにどうか与えて下さい。自分よりも長く
後世にも生き続けるものを生み出すために、行動を
起こす意欲を引き出してやって下さい。」という強い
メッセージを発せられたそうです。その中でも、公共
イメージ向上にもっと重点を置くこと、ソーシャルメディアを
活用してロータリーを今以上に世間に知ってもらうことが
大事だということと、奉仕のスケールアップを助けてくれる
組織に注目してくれる努力をして下さいと、この努力に
よってより持続可能な影響をもたらす大きなプロジェクト
や奉仕活動が新たに生まれて、勇気や希望、想像
を持って正面から立ち向かう意欲を引き出すこと、
これがインスピレーションになろうという意味合いなんだと
いうことでした。このRI会長のメッセージに基づいて
中川ガバナーは地区運営方針を「すべてはクラブ活性化
のために-実り豊かな奉仕を目指して-」と示されました。
奉仕活動というのはロータリーの根幹です、とガバナーは
おっしゃっております。ロータリー賞の中の大きな必須
項目の一つに奉仕プロジェクトに関わる会員数を増やす
ということで、ロータリーの6つの重点分野のいずれかで
意義ある社会奉仕プロジェクトまたは国際奉仕プロジェクト
を実施するという項目がございます。これらの項目を
ぜひ達成していただきたいとのことです。そのために
地区として大口の地区補助金を用意しているそうで
ございます。各クラブがこの補助金を活用して、大いに
意義ある奉仕プロジェクトにチャレンジしていただきたいと
おっしゃっておりました。また地域社会、国際社会で
持続可能なニーズをクラブ内でよく調査をして新たな
プロジェクトを発掘していただきたいとのことでした。
 地区研修リーダーの田中パストガバナーと担当諮問委員
の渡辺パストガバナーからは、職業奉仕とはとか社会奉仕
とは国際奉仕とは何かという共通したお話だったように
思います。その中でロータリー賞の大きな項目の2つめの
優先事項、人道的奉仕の重点化と増加、この中には
6つの項目があります。その内の3つを達成しなさい
という条件があります。これを達成することが奉仕部門
の役割りですということをおっしゃっておりました。一つ
目の奉仕としまして、職業奉仕についてですが、職業
奉仕は法令を遵守して高い倫理基準を持って自分の
仕事をすることによって、世の中に奉仕することです。
そのために皆様の奉仕の価値を世の中に知らせて
下さいと、そして皆様の行動を通じて自分の職業の
価値をより一層高めて下さい、ということです。例えば
人手不足で悩んでいる会社と就職活動中の学生を
結びつけるような就職懇談会などだということで、正に
当クラブは八潮南高校に行っております就職懇談会や
八潮高校への模擬面接など実践している内容をお話
されておりました。また自分の仕事の内容が社会的に
どういった価値を生み出して貢献しているのかという
こともぜひアピールしていただきたいということでした。
それからロータリーとライオンズの違いということも話されて
おりまして、ロータリーは職業倫理の効用を学び、1人1人
の職業を通じて社会にいかに奉仕するかという職業
奉仕を重点にしたI Serve(アイ・サーブ)私は奉仕するを
理念とした団体であるということです。一方ライオンズは
社会奉仕を重点にしていてWe Serve(ウィ・サーブ)我々は
奉仕するを理念とした団体だということです。ライオンズ
クラブは奉仕活動をするときに、クラブ全体でまとまって
一つの事業にみんなでお金を出し合って奉仕をする
ということで、個人個人では奉仕をしないという団体
だそうです。ロータリーでは全体で行う奉仕ももちろん
やってますが、基本的には会員1人1人が奉仕活動
の一単位であり、自己責任と個人の判断において
自分の職業を通して社会や世界に奉仕しようという
考え方が基本になっているということです。社会奉仕
についてはロータリーに属している最も満足感を覚える
奉仕活動の一つになりますということです。他人の
喜びを身近に感じることができて、その喜びが自分の
喜びと感じることができる活動です。しかしどこのクラブ
も継続的な事業が多く見受けられるので、変化に乏し
くマンネリ化しているクラブも多いと、決して自己満足の奉仕
を押し付けてはいけない、一度クラブ内で棚卸をして会員
の特性を生かした、皆様のクラブでしかできない活動を
探して下さいとのことでした。国際奉仕については、まず
は国際大会、そして地区大会に参加してロータリーが世界
的な広がりを持った組織であるということを実感していた
だきたいということでした。そしてグローバル補助金を活用
して、6つの重点分野を他地区のクラブと共同で奉仕活動
をし、海外のRCとの姉妹提携のきっかけにもなるという
ことをお話されておりました。

☆職業奉仕部門               杉村委員長
 地区の部門委員長として出席して参り
ました。奉仕プロジェクト合同セミナーは12時半
の点鐘で始まりましたが、一部13時点鐘
との連絡があったそうで左右の席がガラ
ガラだったんですけど、13時には満席に
なってほっと一安心しました。特別講演
では山脇講師が「共生社会における奉仕のやり方」と
いうことでお話がありましたが、哲学と奉仕のやり方と
いうことで何だか難しいようなお話でした。でも段々と
最後の方には核心が分かってきて、たまにはこんな
話もいいかなぁということで1時間半あっという間に講演
が終わりました。各分科会では私は職業奉仕の責任者
ですから80名満席、挨拶と紹介をやって、私が「職業
奉仕の理念と発展」といういつもの卓話を40分やって、
トータル90分、最後にアンケートを書いて終了しました。

 特別講演をしていただいた山脇
講師ですが、この方青森の人なん
ですよね。69歳でドイツ系の2世なん
だそうです。地区社会奉仕委員長
と幼なじみだということでお呼びして
講演していただきました。
日本の哲学者だそうでね、
東京大学の名誉教授だそうです。
難しい話でしたね、グローバルって
いうのはありますけど、「グローカル」、
「グローバリズム」にも地方主義「ローカリズム」にも陥る
ことなく「トランスカルチャラル」(諸文化媒介的)な公共的価値、
即ち善というね、そういう考え方があるっていうことですね。
それからユネスコ憲章の前文ということで、「戦争は人の心の
中で生まれるものであるから、人は心の中に平和の砦を
築かなければならない」などと書かれているんですね。
このユネスコはパリにあります。ロータリーは国際連合とユネスコ
の設立に深く関与しています。国際連合教育科学文化
機関、これがユネスコって言うんですよね。第二次大戦中の
ロンドンでロータリアンが平和が訪れたときの世界を計画する
会議を開催し、文化・教育・科学の分野の意見交換が
行われたんです。そのビジョンは非常に説得力があった
ので、政府関係者の賛同を得て、これが戦後のユネスコに
発展したんです。だからユネスコの創設はロータリアンが平和
を渇望する世界に実際に影響を与えることができると
証明できたってことなんですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ロータリーの目的

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

第1 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること

第2 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること

第3 ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること

第4 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること

四つのテスト

1.真実かどうか

2.みんなに公平か

3.好意と友情を深めるか

4.みんなのためになるかどうか

PAGE TOP