2018年9月25日 9月第4例会

☆ 本 日 の お 客 様 ☆

国際ロータリー第2770地区ガバナー  
中川 高志 様(大宮RC)
第9グループガバナー補佐     金杉 豊 様
地区副幹事      関口 茂 様(大宮RC)
松戸ロータリークラブ      平松 徹 様

☆  講    話  ☆

☆国際ロータリー第2770地区ガバナー    中川様
 公式例会に来ました。よろしくお願い
致します。まず改めて復習ですけど、
地区っていうのは管理の便宜上結び
付けられた、一定の地理的な地域内に
あるロータリークラブのグループですね。
当地区は74クラブあって、8月1日時点で
2,604名の会員がいます。そしてロータリー
の目的を推進するのを助ける、これを唯一の目的として
ます。そしてロータリークラブや個々のロータリアンが提供する
奉仕活動を邪魔してはいけない、干渉してはいけない
ということです。次にガバナーというのは地区における
ロータリーの役員です。そしてロータリーの目的を推進する
任務が課せられています。そして地区内のクラブを啓発
して、意欲を与えて地区内の継続性を確保するという
役割りを持ってます。そのために私がこうやって各クラブ
を訪問してます。
 この黄金のゴングですけど、2020年に東京RCが100周年
を迎えます。東京RCが100周年ということは日本にロータリー
ができて100年ということです。ですので両方の100周年
ということで、34の各地区に1つずつプレゼントされました。
この台座に2770地区の74のクラブがプレートに刻まれて
います。八潮RCもありますね。こするともしかしたらご利益
があるかもしれませんね(笑)。これを持って各クラブに
行って、会長さんに点鐘して下さいということで今日は
持ってきました。これを2年間に掛けて点鐘して下さい
ということなんですが、当地区は比較的距離的に
まとまっているところなので全クラブを1年以内に回る
ことができます。ですけど地方に行きますと2年も3年も
ガバナーが来てないなんていうクラブもあるそうです。
ですからとりあえず2年間かけて全クラブを各地区で
回って下さいということで今年寄贈されました。2020年
にはこのゴングを一堂に集めて、そこでゴンと鳴らして
100周年をお祝いするという、そういう企画なのだそう
です。そのあとはもちろん地区に常備させるんです
けど、今日はまたこれを持って帰って、これからもう
1クラブ訪問するので持っていきます。
これ案外重くてね。皆さんが喜んで
くれるのはいいんですけど、暑い中
これを持って行くのは本当に腹立った
んだけど(笑)、喜んでくれるので
やっぱり持って来て良かったなと
思いました。まぁこれも私のミッション
なのでね。
 では私の自己紹介をさせていただきます。1951年の
生まれです。ソニックシティの30階にある大宮シティクリニック
の理事長というか院長をしております。クリニックといっても
人間ドックを中心とした健診が主体で、一般の患者さん
ももちろん来るんですが、年間8万人くらいの人の健康
診断をやってます。慈恵医大を卒業して東京逓信病院、
飯田橋にありますが、そこで研修を受けてその後埼玉
県立がんセンターで消化器内科、要は内視鏡の専門医
として内視鏡を中心にやってます。これが本来の私の
仕事です。ですからほとんどクリニックから出ないで、
忙しければ忙しいほどクリニックに居っぱなしだったので、
今は外を駆けずり回る仕事になってますね。ロータリー歴
ですけど、私は比較的年を取ってから入ったもので、
2002年に大宮RCに入会させていただきました。そして
2012年に会長を仰せつかって、2013年に地区協議会
の実行委員長をさせていただいて、2014年はロータリー
財団委員会に出向してます。2015年に財団の部門
委員長をさせていただき、翌年第3グループのガバナー
補佐、そしてノミニーを拝命しまして現在ガバナーとなりま
した。財団の部門委員長だったときにセブ島に行きまし
て、私の仕事そのままなんですけど、スクリーニングと言い
まして、お腹や乳がん、心臓などの早期発見のための
方法を教えてきました。翌年私のクリニックにスタッフを入れ
て再教育をしまして、超音波装置を送って検診をして
ある程度収益を得て、持続・継続性のある事業を成り
立たせました。健診や人間ドックというのは日本は割と
先進国でして、よその国ではまだあまりやってないん
ですね。なので結構注目された事業としてやっており
ます。それから国際協議会に行ってきまして、ガバナー
就任の準備やロータリーの優先事項について勉強する
こと、世界中のガバナーと仲良くなってくることなどが
目的です。本会議が2時間~2時間半くらい、これが
9回あって、それぞれ3~4つのテーマに分かれてレクチャー
を受けます。日本語の同時通訳が付きましてヘッドフォン
でそれを聞けます。本会議の後日本人だけでやる分科
会というのがありまして、今度は日本の研修リーダーの下
でRLI方式で討論しながら知識を深め、34地区のエレクト
が知識を共有することを目的に勉強します。そして国際
晩さん会や文化交流会、グランドマーチ、打ち上げをやって
世界中のガバナーと仲良くなるプログラムが組まれています。
 ラシンRI会長は「BE THE INSPIRATION(インスピレーション
になろう)」と発表されましたが、インスピレーションというのは
名詞でこの動詞はINSPIRE(インスパイア)です。これは
鼓舞するとか霊感を感じるとかそういう意味合いです。
BE THE INSPIRE THE PERSON、鼓舞する人になろう、
内から燃え上がる人になろうというのがもともとの意味
です。でも英語ではそれじゃ長いので、英語の手法で
INSPIREを名詞にしてこのテーマとなったそうです。
 バリー・ラシンRI会長はバハマの出身で、会計士さんだそう
です。病院経営がご専門で、自らお父さんがやってた
病院を経営して素晴らしい業績を上げております。ロー
タリーの中では理事、研修リーダーを務め、指名されてRI
会長になりました。ラシン会長は理事会での面接の時に、
「ロータリーはクラブとロータリアンとの繋がりを失っています。
ロータリーはクラブの実態を把握しておらず、一方ロータリーの
組織内で何が起こっているのか知ろうともしていない
クラブが多くあります。ロータリアン・ロータリークラブとロータリーとの
間に効率的で効果的なコミュニケーションが取られることを
願ってます。」と、このような思いで会長に就任されまし
た。ロータリーの会員はロータリークラブです。ロータリーは顧客
であるロータリークラブを大切にしなければなりません、と
きっぱりとおっしゃったそうです。国際協議会でラシン会長
は私たちに、「変化を生み出そうという意欲を、クラブ会長と
地区内のロータリアンの心に芽生えさせていただきたい。
そしてもっと何かをしよう、可能性を最大限に発揮しよう
というやる気を引き出し、それぞれのやり方で前進でき
るよう手助けする、それがあなた方の仕事です。」と言わ
れて帰ってきました。ここで大事なことは、私が今年はこの
ようにやりなさいと命令するのではなくて、皆さんがそれ
ぞれのやり方で前進できるお手伝いをしなさいということ
なんですね。今年は戦略計画が3年経ちましたから新な
戦略計画が発表される予定でしたが、ロータリーはちょっと
それをストップしまして、ビジョン声明を発表しました。これは
「私たちロータリアンは世界や地域社会で、そして自分自身
の中で持続可能な良い変化を生むために、人々が手を
取り合って行動する世界を目指します。」ということです。
この中に見事に職業奉仕、社会奉仕、国際奉仕を表現
してる言葉ですね。ロータリーは100年の歴史を歩んで
来ました。過去を否定するのではなくて、その全部の
積み重ねがあってこそ前へ進んでいるんだということ
なんです。だからその考えは古いんだとか今はそういう
考えじゃないんだっていうことではなくて、そのすべて
が積み重なって、それでも前を向いて私たちは目指すん
だということです。どんどん変わっていくことに否定する
のではなくて、それを踏まえて変わっていくということを
どうぞご理解下さい。「手を結び、アイデアを広げ、行動
せよ」、これが私たちの姿勢です。そしてもう一つ、「世界
を変える行動人」キャンペーンです。2年前の国際大会で
発表になったんですけど、ある奉仕プロジェクトの成果に
対して皆で喜び合っていました。その写真を見ると、
自ら行動しているロータリアンの姿がよく分かるんですね。
このような写真がマイロータリーの中にたくさんあるんです
けど、それをダウンロードして例会場にベタベタ貼り、いろ
いろなプロジェクトをするときに会員にそれを知らしめて
欲しいと。そして先日皆さんが行ったコンサート事業です
とかも、その写真をマイロータリーにアップロードしてロータリー
ショーケースっていうのがあるんですけど、そこにこういう
ことをやったぞって載せるんですね。そうするとその
写真は世界中を駆け巡って世界中で配信されるんです。
そして私たちは世界中で行動しているんだという姿を
地域社会の人たちに知らしめてほしいというのがこの
「世界を変える行動人キャンペーン」です。自分たちがやって
ることや世界の人たちがやってることを地道に地域の
人に見せていこうと、公共イメージを変えていこうという
ことです。
 地区の活動運営方針を「BE THE INSPIRATION、
すべてはクラブ活性化のために~実り豊かな奉仕を
目指して~」としました。地区目標ですが、
・ロータリーを理解するためにマイロータリーに登録して下さい。
・ロータリー賞にチャレンジしましょう。
 ロータリー賞はマイロータリーからの入力になってから
 ほとんど出なくなったんです。
・ロータリーデーを開催します。
優先項目の1つ目として現会員を維持するということで、
こちらのクラブはサポートと強化はほとんど増強についての
ことですね。2つ目は人道的奉仕の重点化と増加、これ
はポリオの寄付を増やすことと補助金を使った事業や
奉仕プロジェクトをやること、インターアクトやローターアクトも巻き
込んでもっと大きなプロジェクトにするとかですね。それ
から年次基金を増やしてほしいということです。3つ目
は、地域の人に周知して下さいということ、「世界を
変える行動人」キャンペーンを推進すること、先程言いまし
たショーケースを利用して下さいというのが優先項目です。
会長、皆さん、これを実行していただけたら幸いです。
数値目標は2,770名以上、今は2,604名ですからまだ
まだ頑張って下さい。それから地区大会を開催する
目的ですが、これはロータリアンがロータリーの最新情報や
地区内の活動状況について学ぶこと、そして他の
クラブのロータリアンと交流することです。今年は交流して
もらうために全会員に登壇していただきますので、
皆さんよろしくお願い致します。
 さて、八潮RCさんは田中作次元RI会長、そして金杉
ガバナー補佐にはとてもご協力いただいております。
そして坂入さん、瀬田さん、杉村さんにも大変お世話
になっております。職業奉仕のセミナーは来週でしたっけ?
大変人気だそうで、ありがとうございます。こんなに多くの
人に地区に出向していただいて、大変感謝しております。
それから今年の国際大会ハンブルグですね、会長に聞い
たら10名以上で参加したいとのことでしたので、本当に
ありがとうございます。ハンブルグなんてロータリーに入って
ないと中々行く機会のないところだと思います。ぜひ
行って下さい。実は私の息子が今ハンブルグの大学に
行ってまして、いろんな情報を与えてくれるんです。
中々静かで学園都市という感じで観光地ではないん
ですけど、きれいなところだそうです。そこを中心に
ヨーロッパ中どこでも飛行機で行けちゃうそうですので、
来年6月8日、ぜひ会長と共にですね、身体を大事に
して力の限り、クラブのために尽くしてハンブルグに行って
弾けましょう(笑)。ご静聴ありがとうございました。

☆ 幹 事 報 告 ☆

櫻井幹事
1.草加シティーRCの例会変更の案内が来ております。
 10月4日の例会が変更になりましたとのことです。
 回覧させていただきます。

☆ 委 員 会 報 告 ☆

☆ふれあいダンスコンサート実行委員会  高橋(裕)委員長
 先日の9月23日(日)にふれあいダンス&コンサートを開催
させていただきました。3連休の中日だったんですけど、
半券を集計した結果、451名の参加でした。大変たくさん
の方にコンサートに来ていただきました。これも皆様のご協力
があってことのことでございます。感謝申し上げます。
ありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ロータリーの目的

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

第1 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること

第2 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること

第3 ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること

第4 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること

四つのテスト

1.真実かどうか

2.みんなに公平か

3.好意と友情を深めるか

4.みんなのためになるかどうか

PAGE TOP