2018年10月2日 10月第1例会

☆ 本 日 の お 客 様 ☆

 入会候補者     杉村様

☆ 幹 事 報 告 ☆

櫻井幹事
1.三郷特別支援学校より11月16、17日にサンヨウ祭という
 催しが行われるそうです。案内を回覧致します。
2.八潮環境事業協同組合から米山へ寄付をいただいて
 おります。元会員の方ですね。報告させていただきます。
3.RLIパート2のご案内が来ております。11月30日です。
 パート2からでも参加可能ですので、ご興味のある方
 はお声掛けをお願い致します。
4.2770地区の女子会開催のご案内が来ております。
 12月5日に女子会を予定しているそうです。案内を
 回覧致します。

☆ 委 員 会 報 告 ☆

☆社会奉仕委員会              小澤委員長
 毎月恒例の早朝清掃のご案内です。来週の9日に
早朝7時から共和橋下で清掃活動を行いますので、
どうぞ皆さんご参加下さい。ここのところ10名を超えて
ますので、大勢の参加をよろしくお願い致します。

☆ 入  会  式 ☆

野原 努 新会員

 ご無沙汰しております。3年いなかったん
ですけど、あんなにみんなに止められたの
に、今ここにいるとかなり恥ずかしいです
ね(笑)。あれだけ止めていただいたのに、
また戻ってきたのは何でかっていうと、
沼澤会員にずいぶん言っていただいたん
でね。これも付き合いだと思うし、ロータリーはそんなにいや
じゃなかったんでね(笑)。もう一度仲間に入れさせてもら
いたいと思って来ちゃいました。皆さんまた仲良くして
下さい。自分の歓迎会はゴルフコンペだと嬉しいです(笑)。
またよろしくお願い致します。

☆紹介者                   沼澤会員
 今日から仲間が入ります。彼は前と
そんなに変わってないと思うんで、みんな
で育てていっていただきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。最近は入会者
がなかったので、久しぶりの入会者です。
次から次と入会者を増やしていきたいと思います。
皆さんもご協力をよろしくお願い致します。

☆  田中RI会長誕生記念  ☆

「八潮RCの未来を考えるディスカッション」

☆プログラム委員会              佐藤委員長
 本日田中RI会長誕生記念例会という
ことで、八潮RCがRI会長を輩出したクラブ
であるというのを誇りに思って再確認する
と共に、それに留まらずクラブを更に発展
させるため、クラブスローガンである「クラブの
明かりで街を照らそう」を基として八潮RC
の未来を考えていただきたいということでこのディスカッション
を企画致しました。クラブの大切な日である記念日に、
クラブの未来像を考えることによって目的意識や目標を
改めて明確にできればと思います。ディスカッションのテーマ
ですが、「今後クラブでどのような活動をしたいか」、また
「どのような活動をするべきか」というテーマでお願いしたい
と思います。奉仕事業や親睦事業などいろいろな活動
が考えられると思いますが、各テーブルで意見を出し合っ
ていただいて、最後テーブルリーダーの方に3分以内で
発表をお願いしたいと思います。各テーブルでリーダーと
書記の方を決めていただくようお願いします。注意点
としてクラブスローガンを念頭に置いた意見をいただきたい
ということと、ネガティブな発言ではなくてポジティブな意見
をいただきたいと思います。それとこんなことはできない
だろうなっていうのではなくて、こんなことができたらいい
なという意見が聞けたらと思います。よろしくお願いします。






☆3テーブル                  水野会員
 八潮RCの未来を考えるということで、まず第一にクラブ
の人数を多くすること。それにはやはり増強を一人一人
が真剣になって考えないと、クラブの人数が減るほど
活動ができなくなっていくのではないかという意見が
ありました。目標を定めて進もうということで、各自が
一人増強するという自覚を持ってお願いしたいという
ことでした。それから地域に広報をするということで、
役所や商工会に行って広報をすることによって、地域
でのロータリーの活動をもっと知ってもらおうという意見も
出ました。ふれあいダンスコンサート事業など、地域での
広報にもっと力を入れて地域の人に知ってもらうことが
大事なのではないかということでした。あとは当クラブで
も高齢者が多くなってますので、若い世代の人を取り
入れていかないとこのままじゃ老朽化していくんじゃない
かという懸念の意見もありました。

☆4テーブル                  長谷川会員
 クラブスローガンに対して、TXが12年前に開業して人口も
増えましたので、新住民と旧住民のコミュニケーションの取り方
を考えながら、融和を求めていきたいということでした。
新住民、旧住民に期待すること両方を考えて、融和を
するためにはどうしたらいいかというのをクラブの活動で
どうにかならないかと、そういう視点で事業を考えるのも
一つの案かなという意見でした。それから教育現場から
収入の少ない方から割と多い意見で、修学旅行等に
行けない方が3分の1もいるのだそうです。そういう人に
対してどういうことをしたらいいのか、ロータリーでできること
は何なのかということを考えたいという意見もありました。
時代の変化によってロータリーも、人の変化や形の変化を
考えて対応していかなければいけないという意見も出ま
した。あとイベントを起ち上げても継続を考えないと、来年
の会長はやらないとか、ロータリーは同じことをいつまでも
やらないということがあるので、実行できるものを考えて
やるということ。そして今年やった事業を来年もお願い
されたときに、来年はやるかどうか分からないという返事
では困るという意見もありました。またお金だけ出せば
いいというのもダメで、時代に合わせて奉仕できるもの
を考え出すという意見が出ました。

☆5テーブル                  布施会員
 先日行われたふれあいダンスコンサート事業のような地域
に密着した活動や、事業を行うことでクラブ全員参加して
まとまりのある活動を行うべきだという意見がありました。
それから八潮クラブのスローガンに基づいた活動、特に
地域の弱者の助けになるような、感動を与えられるよう
なことが大切だろうということでした。クラブ内のことでは、
各委員長を引き受けた人が責任を持たないで受けると
いうのは問題であろうという意見も出ました。やはり受けた
以上は、その活動に積極的に前に出てやるべきだという
ことでした。それと地域社会への奉仕活動は3年継続
くらいが限度ではないかという意見もありました。ロータリー
が品位・品格を目指した活動をすることが大事だろうと、
当たり前のことを当たり前に行うことだということですね。
最後に今日のRI会長誕生記念例会にご本人がいない
のは残念だなということで、次回からはぜひ出席して
いただきたいなというご意見でした。

☆6テーブル                  小澤会員
 現在の会員数が30人程となり人数が減りましたが、
逆にまとまりができたと考えていろんな意見を出しやすく
なったのではないかということでした。RI会長を輩出した
クラブとして、地域でNO.1のクラブにならなくてはいけない
だろうと。そのためには何をするにも自覚を持って、一生
懸命取り組むことが必要だという意見が出ました。先日
行ったふれあいダンスコンサートのような事業をこれからも
発掘していきたいということで、そのためにどんな手段
があるのかなというのがなかなか難しいんですが、地域
の人をクラブに呼んだり、コンサートに参加した人にアンケート
をいただいたりしてアイデアを出していければいいんじゃ
ないかという意見でした。またふれあいコンサートも3年が
経ちましたので、そろそろバトンタッチをして新たなレールを
敷いていけるような活動を探していければいいんじゃ
ないかということでした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ロータリーの目的

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

第1 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること

第2 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること

第3 ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること

第4 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること

四つのテスト

1.真実かどうか

2.みんなに公平か

3.好意と友情を深めるか

4.みんなのためになるかどうか

PAGE TOP