2018年10月23日 10月第4例会

☆ 本 日 の お 客 様 ☆

 本日、お客様の来訪はありませんでした。

 またの機会をお待ち致しております。

☆ 幹 事 報 告 ☆

櫻井幹事
1.地区より地区大会の登壇のご案内ということで、八潮
 環境共同事業組合の方へ表彰ということで案内状が
 来ましたので、この後届けさせていただきます。
2.マイロータリーの登録状況ということで38.71%という数字
 でしたけど2名入ってますので、これより数字が落ち
 ます。地区では100%と言われておりますので、ぜひ
 皆様のご協力をよろしくお願い致します。

☆ 委 員 会 報 告 ☆

☆社会奉仕委員会        高橋(裕)常任委員長
 先週も例会でご案内致しましたが、今週の日曜日、
10月28日の八潮市民まつりにおきましてオープニング
パレードを行います。ぜひ多数の皆様のご参加をよろしく
お願い致します。また当日はこの埼信の駐車場に10時
10分集合です。パレードの先頭のスタートが10時20分です。
服装はクラブジャケットを着用でお願い致します。

☆ 会員研修・RLI方式ディスカッション ☆

「 職業奉仕について 」

☆戦略計画会員研修委員会       布施委員長
 会員研修ということで2回目のお時間を
いただきました。前回の続きで5大奉仕の
中の職業奉仕について、皆さんとディス
カッションをしていきたいと思います。時間が
あれば次の社会奉仕までいけたらなと
思っております。それでは職業奉仕に
ついて始めていきたいと思います。
Q:日本では職業奉仕をロータリーの金看板だと言われて
 おりますが、なぜそうなったのでしょうか?
・会員はすべて職業を持っているから。
・ロータリーには職業人が集まっているから。
Q:最初にロータリーができたときに、なぜ一業種につき
 一社にしたのか?
・ロータリーの中で仕事を回すことができるように。
 異業種交流ですから、事業を通じて社会に対して
奉仕をしていこうということがあったんです。他の団体
と大きく違うことはロータリーだけが職業を重要視している
ということです。なのでロータリーの会員になられた方は、
会員の中からできるだけ調達して、他へ営業する手間
を省いて利益が出たなら、その分を奉仕に心を向けて
もらいたいということなんです。当時は自分だけしか入れ
ないという考えがあったんですね。それが今は管理運営
と名前を変えてからは、一業種5人まではいいよとなりま
して非常に緩みました。八潮RCの創立された頃はまだ
職業分類で厳しく会員選考をされていた時代でした。
なのでロータリアンは品位品格をきちんと重んじなさいと
よく教えられました。我々はその業種の代表なのだから
と。今は同業種何人もいらっしゃいますが、元は相互
扶助ということで仕事のやり取りをするときに、どういう
会員さんであるかっていうのを選んでやってもらうという
ことになっていくんですね。
Q:今職業奉仕ではしきりに「倫理」と言われておりますが、
 これについてどう思いますか?
・約束事を守ってやるということ。
 日本において倫理とは要は道徳的なことを守れという
ことなんですね。事業をやるには法律を守るのは当たり前
なことですから、それを守ったうえでどう奉仕事業に皆が
参加していくのかが大事なのかなと思います。
 四つのテストっていうのは元はある企業が使ってたん
ですね。アルミを作ってる会社なんですけど、その社内の
中でこの四つのことを思い合えばより良くなるということ
です。忍耐と寛容と謙虚っていう言葉はよく日本人を
表していると言われますが、これは仏教の影響を受けて
いるのかなと思いますね。ロータリーはどちらかというと、
キリスト教方式だと私は思うんですが、これはロータリーの
創立者のポール・ハリスがキリスト教の教えに則って考えられ
たって書物に載ってました。
 職業奉仕が大事だって言われるのは、職業を通じて
社会へ奉仕して自分の得意とする分野があれば、それ
を地域の皆さんに恩返しをしていこういうことをメインに
考えていただけるといいと思います。
・職業は利益を出すためにやらなければならないけど、
 奉仕は利益を求めないで皆さんのためになることを
 やること。矛盾したような言葉がなぜくっついてるのか。
 職業奉仕をこれまで明確にこれだとおっしゃった
ガバナーはいらっしゃらないんです。それくらい職業奉仕
って難しいんです。それぞれの人が考える内容によって
いろいろな考え方が出てきますね。だから難しいんです。
なのでまずはガバナーがどのように考えているのか、それ
を部門委員長が伝えていくんですが、私もこれまでいろ
いろロータリーを勉強してきてますが、職業奉仕は明確に
これだよと説明した資料ってないんですよね。だから
理解しにくい部分が多々あるかと思います。なので、
各々が考える職業奉仕でも間違ってないんです。
それぞれがどれも正しいです。ですからちゃんとした
職業奉仕の見解を、内に向けた職業奉仕と外に向けた
職業奉仕とを分けないと分かりにくいかと思います。
100人いたら100通りの意見があるので、自分はどの
意見を取ればいいかなというのは自分が考えなければ
いけないということです。これだというものが明確に
決まっていないので、職業奉仕はこうなんですよって
いうのが言えないんですね。私も何度かパストガバナー
からいろいろな意見を聞きましたが、どうも納得はして
いないんです。職業奉仕はこれをメインの目的にして、
こういうことをやるんだという行動が出てないんです。
だから分かりやすい資料があるならご紹介いただけると
いいと思います。本当はRIではっきりとしたものが提示
されていると我々は理解しやすくていいのだと思います。
どうしてもそこが明確でないためにいくら議論を重ねても
それぞれの意見があるから非常にまとまりにくいんです。
皆さん異業種の職業人ですから、ただ漠然と職業に
ついて考えてと言われてもいろんな考えが出てくるのは
当然のことで、どんどん難しくなっていっちゃうんですね。
実際に皆さんが事業を持ってるからロータリーに入ってるん
じゃないでしょうか。個人のボランティアの団体だったら、
皆さんの中では入ってない方もいらっしゃるんじゃない
でしょうか。ロータリーは個人のボランティア団体とは違うよって
いう認識を皆さん持っているから、入ってるのではないか
と私は思います。もちろんそうじゃないよっていう考え方
の方もいるかと思いますが、ある程度のステータスというか、
選ばれた人が会員になってるよというのが元々のロータ
リーの始まりなものですから、その業種の代表者である
ので事業を大事にしているというのが根底にあるのだ
と思います。だから我々ロータリアンは職業分類をして会員
選考をされて会員になってるということです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ロータリーの目的

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

第1 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること

第2 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること

第3 ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること

第4 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること

四つのテスト

1.真実かどうか

2.みんなに公平か

3.好意と友情を深めるか

4.みんなのためになるかどうか

PAGE TOP