2018年10月30日 10月第5例会

☆ 本 日 の お 客 様 ☆

 本日、お客様の来訪はありませんでした。

 またの機会をお待ち致しております。

☆ 幹 事 報 告 ☆

櫻井幹事
1.2770地区の地区大会の講演のお誘いということで、
 案内が届いております。地区大会は11月10日(土)と
 11日(日)で開催されます。無料券が届いております
 ので、友人知人の方も誘っていいそうですので、
 必要な方はお取りいただきたいと思います。
2.先程会長の挨拶にもありましたが、三春RCとの親睦
 活動を4月に予定してます。トントンと話が進みまして、
 三春RCの幹事さんから追って連絡が来ると思います
 ので、その際には皆さんに報告させていただきます。
 また三春RCさんの活動を載せたチラシをいただきました
 ので、皆さんに回覧させていただきます。

☆ 委 員 会 報 告 ☆

☆SAA                     種家会員
 9月から10月についてのSAAとしての感想を報告させ
ていただきます。この2ヶ月各テーブルを回ったりしてまし
たけど、私語がほとんど見受けられなくなったなと思い
ました。皆さんのご協力で、素晴らしい例会運営ができ
ているのかなと思いました。皆さんには感謝致します。
筆談用の用紙も置かせていただいておりますのでね、
これを利用している方々もお見かけしまして、私語を
慎むようになりましたね。それから例会でのメリハリという
ことですが、セレモニーの時間帯は皆さんのご協力で厳粛
に行えておりますね。ニコニコ報告については楽しくやろう
よということで、10月は最初は磯貝会員とその後は大山
会員にお願いしまして、今日も楽しくやってくれるかなと
思います。来月は広岡会員にお願いしております。以前
はいろいろアドリブを入れたりしてね、楽しい報告が来月
も聞けるかなぁと思っております。最後に、私はロータリーに
入って30年以上経つんですが、15年以前はよく先輩に
ロータリーの例会は人生の研修の場だよと言われました。
なので例会に出席するたびに何か自分なりに得るもの
はないだろうかと、今でも探しております。そこでですね、
発表の場でついつい「えーっと」っていう言葉が出て
しまう時がありますよね。その「えー」のところをですね、
聞いてる方としては少々聞きにくいようにも思います
ので、意識して言わないようにしていければなと思って
おります。癖ですのでね、私も気を付けてますが、これも
研修の場だと思ってお話をしていただくといいのかなと
思っております。またSAAに対する要望やご意見が
ございましたら私か太田会員にお伝えいただければと
と思います。より良い例会にしていきたいと思います。

☆ 入 会 記 念 品 贈 呈 ☆

野原新会員

☆  ク ラ ブ フ ォ ー ラ ム  ☆

「 親睦・出席について 」

☆クラブ管理運営常任委員会       織田委員長
 本日は出席と親睦についてのテーブル
ディスカッションを行っていただきたいと思い
ます。大変申し訳ないんですが、本日
どちらの委員長も欠席で申し送りが
できておりませんで連絡不足でした。
出席は大山委員長が初めての委員長で
頑張っておりまして、来月からメーキャップを月に一度実施
するということで、皆様もご協力いただきたいと思います。
親睦は今月に野原会員の歓迎会を行いまして、来月は
まだ何するか聞いてないんですけど、12月はクリスマス
例会があります。その中で親睦を深めていきたいと思い
ますので、よろしくお願い致します。それで今日のテーマ
ですけど、出席ならどうしたら出席率が増えるのかとか、
メーキャップはもちろんなんですけど、例会出席がどうしても
仕事の都合で来れないときはFAXの点呼だけでいいのか
どうか、とかを話し合っていただきたいと思います。親睦
は毎月何かやった方がいいのかどうか、前年度ですと
大澤委員長が頑張ってくれて毎月開催してましたね。
今年度はこれから6月までまだありますので、こういうこと
をやったらいいんじゃないかとか、そういう意見が出れば
大変ありがたいと思います。テーブルごとにリーダーを書記を
決めていただいて、各テーブルごとで話し合いをお願いし
ます。今後参考になるような意見があればと思います。
よろしくお願い致します。

【親睦について】
・昨年度行った米山ツアーのような旅行などを定期的に
 行うといいのではないか。
・飲み会やゴルフ等は定期的に行うのがいいが、メンバーが
 いつも決まった人になってしまう。
・全員が参加できるような行事を考える
・例会に出席することが本来の親睦。例会出席に努める
 ことが本来のロータリーの姿。
・出席を取らない定期的な会合を設けたらどうか。
 →日にちを決めて気軽に参加する機会を作る。
・例会前に1つのテーマを作って話し合いをする時間を
 取るのかどうか。例会中でも良い。
・委員会ごとの集まりで親睦を深める。
・皇居や迎賓館周りで親睦。
・例会で親睦を深める。
・酒席を増やす。
・共同作業をして交流を深める。
・音頭取りが必要。
・1ヶ月に1回は集まりを作る。
・例会以外の場で小さい飲み会を開催する。
・1人1人に声掛けをしてアタックする。
・月に1回は委員会ごとに集まりを作る。
・気楽な意見を言える場を作る。


【出席について】
・自己の意識改革が必要。
・プログラムを充実させる。各会員の職業紹介等。
・例会出席をする目的を絞る。
・出欠返信のマナーの遵守。
・出欠委員長の役割りを強める。うるさいくらいの声掛け。
・朝から毎回各会員に電話して確認をした。
・出席の大切さを理解し習慣を付ける。
・欠席の時はメーキャップに誘う。
・メーキャップで他クラブに訪問する楽しさを学ぶこと。
・出席することの良さ、メーキャップの大切さを理解する。
・各会員の活動を活性化させる。
・出席が義務なのは重すぎる?
・例会の開催時間帯が厳しい。夜間に変更することも
 検討してはどうか。
・毎週火曜日は例会日と手帳に書いておく。それに
 沿って仕事のスケジュールを調整する。
・例会を楽しい時間にする。
・家庭例会日を設けたりして出席率を上げる。
・出席義務のルールは変えない方がいい。
・個人の責任感を高める。
・声掛けをする。メーキャップに行く。
・行動する。
・委員長が先頭に立つ。
・例会を楽しくする。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ロータリーの目的

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

第1 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること

第2 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること

第3 ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること

第4 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること

四つのテスト

1.真実かどうか

2.みんなに公平か

3.好意と友情を深めるか

4.みんなのためになるかどうか

PAGE TOP