2018年12月11日 12月第2例会

☆ 本 日 の お 客 様 ☆

 本日、お客様の来訪はありませんでした。

 またの機会をお待ち致しております。

☆ 幹 事 報 告 ☆

櫻井幹事
1.    本日18時半より役員理事会を行います。
2.    来週はクリスマス移動例会です。案内はこの後水野
 委員長からあるかと思います。
3.    新年例会のご案内も出させていただいております。
 出欠の返信がまだの方はよろしくお願い致します。
4. モラル川柳コンテストの各学校へ配る応募用紙をまとめた
 ものを置いてあります。各学校の担当者の方はその
 封筒を持って配っていただきますようお願い致します。

☆ 委 員 会 報 告 ☆

☆社会奉仕委員会     小澤委員長
 早朝清掃活動の報告です。本日は7名のご参加をいた
だきました。1年の中で一番日の出の遅い時間でしたが、
参加していただきありがとうございました。とてもきれいに
なったと思います。

☆親睦委員会   水野委員長
 来週18日(火)、フラールガーデンでクリスマス例会を行います。
送迎バスが17:40くらいに八潮駅千葉銀行前に来ます
ので、乗られる方は遅刻のないようお願い致します。
直行される方は駐車場があまりないようなので、お気を
付け下さい。

☆ 表   彰 ☆


ポールハリスフェロー:野原会員

☆ ク ラ ブ 年 次 総 会 ☆
 12月7日に2021-22年度会長候補者の指名委員会を
開催致しました。候補者を選定し、その旨をご本人に申し
上げたところ、快諾いただきました。よって2021-22年度
の会長候補者として、水野寿会員を推挙させていただき
ます。ご承認いただける場合は皆さんの拍手を持って
承認とさせていただきたいと思います。よろしいでしょうか。
≪拍手≫それでは水野会員から一言お願い致します。

☆水野会員
 どうもありがとうございます。3年後なので、今から会長
としての務めを勉強していけば間に合うんじゃないかな
と考えています。八潮RCが恥じないような会長を務めたい
と、そのためには皆さんの協力を得ないと難しいと思い
ますので、どうぞよろしくお願い致します。

☆高橋(裕)会長エレクト
 2019-20年度の役員理事候補者の発表をさせて
いただきます。
会長:高橋(裕)会員   直前会長:岡本会員
会長エレクト:佐藤会員  副会長・会長ノミニー:水野会員
幹事:飯泉会員      副幹事:高橋(倫)会員
会計:大澤会員      SAA:齋藤会員
理事:クラブ管理運営常任委員長:関会員
 出席・親睦委員長:長谷川会員、
 プログラム委員長:松田会員、研修委員長:瀬田会員
奉仕プロジェクト常任委員長:佐藤会員
 青少年奉仕委員長:坂入会員、
会員増強維持委員長:種家会員
公共イメージ向上委員長:金杉会員
ロータリー財団委員長:櫻井会員
米山記念奨学委員長:磯貝会員
 以上となります。よろしくお願い致します。

☆  ク ラ ブ 協 議 会  ☆
☆クラブ管理運営常任委員会     織田委員長
 当委員会は出席、親睦、プログラム、戦略計画会員研修委員会で成り立ってます。上半期の活動としては7月の創立記念例会を奉仕プロジェクトと協力して行いました。委員会としては毎月第一例会の後、委員会を開いて、計画通りいってるかの確認とこれからの活動についてを約1時間程協議して、何か問題があれば理事会へ提案しています。各委員会の活動については各委員長さんにお願いします。
 
・出席委員会               大山委員長
 前年度の方針を踏襲しまして、本年度の上半期の出席率は90%は超えています。また他クラブ訪問がまだできていないので、来年早々に活動をしますのでよろしくお願い致します。
 
・親睦委員会               水野委員長
 上期は2名の新入会員の入会がありましたので、その歓迎会を楽しくやらせていただきました。上期は来週のクリスマス例会が親睦の締めとなります。それから年明けには新年例会を行いますので、皆さんと楽しく新年をスタートさせて、親睦を深めてクラブの活性化を図っていきたいと思います。
 
・プログラム委員会             佐藤委員長
 上半期のプログラムは会長・幹事やクラブ管理運営委員会と連携して作成しました。下半期も同様に継続して参ります。上半期はセミナー報告等で外部卓話などがあまり入れられませんでしたので、活動計画にある内容を下期は取り入れていきたいと思います。それから毎週皆さんに当番のご協力をいただいておりますが、担当者の事前連絡等も続けていきたいと思います。休まれる方は欠席連絡をお忘れないようにお願いしたいと思います。

・戦略計画会員研修委員会       布施委員長
 戦略計画の方ではクラブのスローガン「クラブの灯りで街を照らそう」という趣旨に基づいて、地域社会の手本となるように品位・品格を意識し、楽しいクラブ運営と活性化に向けて活動を行っています。クラブ内部においては規律と伝統、格式を重んじ、品格のあるクラブを目指し、外部に対しては地域社会をはじめ世界の町の一隅を照らし続けるクラブを目指すとしています。皆さんこの辺りをもう一度よくご理解いただきたいと思います。 会員研修の方では9月11日例会で5大奉仕についての研修を行いました。まず管理運営についてRLI方式でディスカッションを行いました。それから10月23日例会では職業奉仕について行いまして、皆さんとディスカッションをして理解いただけたものだと思っております。後期に向けては社会奉仕、国際奉仕、青少年奉仕について皆さんと研修していきたいと思っております。
 
☆奉仕プロジェクト常任委員会   高橋(裕)委員長
 上期を振り返りますと、岡本年度の2大奉仕事業の一つでありますふれあいダンスコンサートを実施させていただきまして、皆様のご協力の元、大勢の来訪者にお越しいただき盛大に行われました。ただ反省会の中に全会員の関わりが足りなかったのではないかというご指摘がございました。これを踏まえて下期ではもう一つのメイン事業でありますモラル川柳コンテストの準備を進めておりますが、全会員の関わりを重視して地域住民に幸せと喜びをもたらし、その成果が自分たちの喜びと感動する事業となるよう実践して参りたいと思っております。この感動がクラブの活性化にも繋がっていくと思いますので、引き続き皆様のご協力をよろしくお願い致します。
 
・職業奉仕委員会
 杉村委員長が欠席ですので、資料を代読させていただきます。具体的な活動として、8月21日に八潮高校へロータリアン10名で模擬面接に参加してきました。また例会では会員研修で職業奉仕について深く研究、話し合いが行われました。11月20日には八潮南高校の生徒20名と就職懇談会を開催しました。今回も生徒たちと楽しい懇談と展望広がるような話で盛り上がり、有意義な時間が過ごせたかと思います。下期も全会員で委員会を盛り上げていきたいと思っております。

・社会奉仕委員会             小澤委員長
 早朝清掃活動では7月から本日まで6回、計画通り実施できました。毎回平均して10名程の参加をいただきまして、ご協力大変ありがとうございます。また市民まつりへの協力ということで、横断幕を持ってパレードに参加しまして、大変見やすい広告になったのではないかと思います。市民まつりの広報部会にも参加しまして、貢献できたかなと思います。それから手をつなぐ親の会への支援として月1回のパン昼食も続けて参ります。また交通安全キャンペーンのご協力にも感謝致します。下半期はペットボトルのキャップ集めを積極的に行っていきたいと思います。

・国際奉仕委員会             飯泉委員長
 上半期は国際大会への参加者を募りまして、それの実現に向けて活動をして参りました。今年度はドイツということで遠方なんですけど、現在9名の参加を予定しております。国際大会は6月なので、これから皆さんが安全に渡航できますよう計画を立てサポートをしていきたいと思います。またクラブ外に向けてはなかなか活動ができていないんですが、地域と世界に向けた活動を今後検討していけたらと思っております。
 
・青少年奉仕委員会           長谷川委員長
 ふれあいダンスコンサートを開催しまして、たくさんの反響と反省点をいただきました。下半期はモラル川柳コンテストを開催致しますので、皆さんのご協力をよろしくお願い致します。

☆会員増強維持委員会          沼澤委員長
 本年度は上半期に5名の推薦者をいただきまして、2名の新会員を迎えることができました。今日も皆さんのメールボックスに推薦者カードを入れました。下期に向けて、ますますたくさん人が入りますよう推薦をよろしくお願い致します。
 
☆公共イメージ向上委員会        川澄委員長
 各委員会の活動の中から公共性の高い活動を取り上げて、それを地域社会に広報していくというのが当委員会の使命かと思います。上期は地区の委員長さんの方針を聞いてもらいたいと11月27日例会において地区の部門委員長にお越しいただき、卓話をしていただきました。

☆米山記念奨学委員会         磯貝委員長
 当クラブは米山学生の受け入れが大変多く、また米山寄付額も多いので、2年くらいの平均が上がればまた来年あたりに世話クラブを申し込んで受け入れたいと思っております。それには皆さんの寄付額が必要です。米山は25,000円です。米山奨学会というのは年間800人以上の奨学生を受け入れているんですが、それを各地区に割り当てるときに地区の寄付額が大変重要になります。例えば東京と埼玉を比べますと、東京の方が受け入れ学生がはるかに多いです。その学生を人数で割り振ると、埼玉の受け入れ数は大変少なくなってきます。それでは不平等ではないかと、寄付の多い地区には多く学生を受け入れようということで、当地区に多く学生が来るようになりました。全国で34地区ありますが、当地区は2、3番目に寄付額の多い地区となっております。なので2770地区は30~35名くらいの学生を受け入れる地区になってます。世話クラブを望みたいクラブはそれだけの寄付額を集めないと世話クラブになれません。当地区は世話クラブになりたいというクラブが大変に多いです。ですので、ある程度の寄付額を出さないと世話クラブになれないんです。また米山学生が来ることによって、クラブの活性化に繋がっているかを皆さんによく考えていただかなければならないと思います。それから学友ですね、青少年交換、財団、米山、VTTの学生が当クラブに何名いたのかを一度財団の人と話して、学友に案内を出して集まる機会が作れればと思います。米山月間は10月と3月がありまして、前半は寄付を皆さんの自主性にお任せしましたが、やはり集まらなくてですね、次の3月に向けて一人ずつ伺っていきますので、ぜひ快くご寄附をお願いしたいと思います。
 
☆SAA                       種家会員
 上期が終わりますので、年度計画書に書いた活動がどれだけ達成できたかを皆さんにも分かりやすくパーセンテージで申し上げたいと思います。まず偶数月に指定席でお願いしておりましたが、これは100%守っていただけていると思います。皆様に感謝申し上げます。次にメリハリのある例会にしようと呼び掛けましたが、セレモニーは厳粛に、ニコニコあたりからは楽しくということで、これは50%くらいかなと思います。ロータリーは人間形成や研鑽の場でもありますから、ニコニコをもっと楽しくやっていただけるといいかなぁと思っております。それから私語につきましては80~90%くらいかなと思っております。だいたいできてるんですが、たまにお見かけするのでね、セレモニー中に用のある場合は筆談でお願い致します。あと時間ですが、95%くらいですかね。ほとんど守っていただいてますが、これまで通り引き続き心掛けていただきたいと思います。それとこれは年度計画にはなかったんですけど、スピーチ中の「えー、」っていうやつですね、私も自分で注意してるんですけど、まだまだこれが多いですね。これもですね、人間形成の練習だと思って意識してお話していただくようにすると、更にいいのかなと思います。上期は皆さんのご協力に感謝しながら、個々の研修のために下期もよろしくお願い致します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ロータリーの目的

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある:

第1 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること;

第2 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること;

第3 ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること;

第4 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。

四つのテスト

1.真実かどうか

2.みんなに公平か

3.好意と友情を深めるか

4.みんなのためになるかどうか

PAGE TOP