クラブ紹介

会長挨拶


 この度、2017~2018年度八潮ロータリークラブ第43代クラブ会長を努めさせていただくことになりました。まずは幹事をはじめ、役員、理事、クラブ会員の皆様のご協力を頂きながら楽しいクラブ運営を行っていきたいと考えております。特にロータリーでの時間を最も多く過ごす例会の充実を図りたいと思います。会員相互の近況や地域の問題など話し合い、プロジェクトの計画や意見交換、ロータリーの最新情報や研修など会員ひとり一人が関わりをもち、楽しく過ごせて学べる例会運営を実施したいと考えております。どうか一年間会員皆様のご協力を宜しくお願い申し上げます。
 さて、今年度RI イアンH.S.ライズリー会長は奉仕を通じて人々の人生に変化をもたらすことで誰かの人生をより良くしている。地域社会や世界により良い変化を生みだしたいとの願いからロータリー:変化をもたらすとテーマを掲げました。
また、第2770地区 大貫等ガバナーは運営方針に「新たな行動 新たな感動」と掲げました。クラブ内で会員同士が意見を出し合い、少しずつちょっとずつ変化を取り入れクラブ内に新たな風を吹かせることで今までにない感動を味わいましょうと方針を示しました。
私もこの二つのテーマを考えたとき、変化や新たなことに対し、それを受け入れる姿勢、つまり柔軟性が必要となります。今までのロータリーの概念で良し悪しを考えるだけではなく、時代の流れに沿った新たな意見や企画を取り入れ、クラブや地域にとって本当に必要なものは何かを柔軟に取り入れることが必要です。
しかしながら、柔軟とは安易になんでも取り入れるという事ではありません。新たな変化を取り込むためにはそれをしっかりと吟味できるロータリーの知識や高潔性、またロータリアンとしての責務が必要となります。
今年度に私が掲げるクラブ会長テーマは『柔軟な変化の年』
クラブの良いものは残しつつ、新たな意見を出し合い、新たな行動をすることでクラブが明るく、楽しい親睦活動や奉仕活動につながりますようクラブ会員の皆様、ご支援ご協力を宜しくお願い申し上げます。

2017~2018年度
八潮ロータリークラブ
会長 瀬田 秀樹

四つのテスト

1.真実かどうか

2.みんなに公平か

3.好意と友情を深めるか

4.みんなのためになるかどうか

12月のロータリーレート

1ドル=112.00円

PAGE TOP