クラブ紹介

会長挨拶(寛容と挑戦そして感動しよう!)

 この度、2018~2019年度 八潮ロータリークラブ第44代のクラブ会長にご指名戴き、大変な光栄と責任の重さを痛感しております。
 当クラブに入会して15年になります、多くの仲間との出会いに恵まれ自分の変化と成長に大変役立ち感謝しております。本年度、櫻井幹事と共にクラブの皆様のご協力を頂き、一年間の責務を全うしたいと思います。
 さて、今年度IR会長バリーラシン氏は前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲をクラブ、地域社会、そして組織全体から引き出し、鼓舞するため「BE THE INSPIRATION」(インスピレーションになろう)とテーマを掲げました。
 また第2770地区、中川高志ガバナーは地区運営方針を(全てはクラブ活性化のために)-実り豊かな奉仕を目指して-と掲げました。
 私は今年度クラブ会長のテーマを「寛容と挑戦そして感動しよう!」としました。当クラブは活気に満ちていますが、よりクラブの活性化の為に会員退会防止、そして会員増強に力を入れ、楽しい奉仕活動と親睦活動に繋げたいと思います、そして戦略計画のクラブスローガンに「クラブの明かりで街を照らそう」を掲げました。
 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること、のごとく目標に向かって一年間、頑張りますので皆様のご協力、ご支援を宜しくお願い申し上げます。

2018~2019年度
八潮ロータリークラブ
会長 岡本 壽

ロータリーの目的

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

第1 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること

第2 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること

第3 ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること

第4 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること

四つのテスト

1.真実かどうか

2.みんなに公平か

3.好意と友情を深めるか

4.みんなのためになるかどうか

8月のロータリーレート

1ドル=112.00円

PAGE TOP